2018年11月01日

貫井徳郎『プリズム』読者の感想も“プリズム”


   ★プリズム (創元推理文庫)

 

 
 ある殺人事件を4人の関係者が語り手となって捜査。
 語り手が変わると人や事件の印象も変わってくる。
 立場が変わると状況が変わるということがよく分かります。

  
 オーディオブック版で聴いたのですが、ミステリーは耳だけでは味わい切れない・重要な伏線を聞き逃すとまずいということで、創元推理文庫版も購入しました。
 創元推理文庫版では、単行本版の著者あとがきも再録されています。
 これを読むと本作品執筆の意図がよく分かります。

  
 ミステリの始祖エドガー・アラン・ポオが描いたオーギュスト・デュパンが登場する三作品はその後のミステリのあらゆるパターンの源流となった。
 そのうち『マリー・ロジェの謎』の系譜は、
アントニイ・バークリー
 『毒入りチョコレート事件』『第二の銃声』
クリスチアナ・ブランド
 『ジェゼベルの死』『疑惑の霧』
コリン・デクスターの作品
……と続いているとか。
 本作品は『マリー・ロジェの謎』の後継たるべき作品として構想したということです。

  
 私はデュパンの三作品の中で『マリー・ロジェの謎』が一番好きだから、本作品も面白い試みだと思いました。
 上に挙げられた一連の後継作品もいずれ読破したいと思います。

  
『マリー・ロジェの謎』の系譜の作品は、結末が重要視されずに読者に委ねる傾向があるそうです。
 本書も最終的には犯人は判明されていません。
 4人の探偵役兼語り手は各々仮説を導くのですが、そこで犯人と名指しされた人物が次の章で語り手となって犯人捜しを行っているのですから。
 まあ「信用できない語り手」で、実は語り手が嘘をついていて犯人だったという真相も否定できないのですが。
 しかし、複数の語り手が描写している重要人物で、一人だけ語り手になっていない人物がいます。登場している人物の中ではこの人が一番怪しい。
 しかし実は犯人は誰にも描かれていない全く別人だった、という可能性も否定できません。

 
 他の方はどう思ったのか検索してみました。
 検索の上の方から見て行ったのですが、各人各様の感想で面白い。
 真犯人の推理も色々とされていてそれも面白い。
 読者の感想もプリズムなのです。
 人間の考え方は千差万別なのだと実感します。
 そういう多様な方々と読んだ本について平和的に語り合うのが楽しいのです。
(ネトウヨと政治や歴史について議論する気は全くありませんが)

  
 本書の解説は小池啓介という方が書かれています。
 10ページほどの分量ですが、著者・貫井徳郎の過去作品に触れた上で本作品についても論じた必要にして簡な名解説。
 文庫本の良き解説を誉める会・会員としては推薦したい解説です。
 良き解説は良き読者を育てるのです。
 文庫本は解説を充実させなければいけない、ということを改めて主張しておきます。

 
【アンケート作成しました!】
文庫本の巻末の解説は充実している方がいいと思いますか?
  http://blog.with2.net/vote/v/?id=188282

 
OLDIES 三丁目のブログ
■[名作文学]クリスティー文庫に解説がほしい 文庫本と解説
  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20180111/p1
OLDIES 三丁目のブログ
■[速読読書]マリー・ロジェエの怪事件 デュパン式推理法の教科書
  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20171201/p1

 
『三四郎』な人生論
 貫井徳郎『プリズム』【耳読】
  http://sanshirou.seesaa.net/article/462510532.html
   ↑オーディオブック版も出ています。こちらからどうぞ。

 
黄金の羊毛亭 ミステリ&SF感想vol.61 プリズム/貫井徳郎
  http://www5a.biglobe.ne.jp/~sakatam/book/r061.html#prism
  http://www5a.biglobe.ne.jp/~sakatam/book/prism.html
☆Polaris☆
プリズム 貫井徳郎 感想
  https://ameblo.jp/ukita8/entry-12110412921.html
三匹の迷える羊たち
 読書感想「プリズム」
  http://blog.livedoor.jp/sheep_tmc/archives/50111650.html
福内鬼外(月日が往く)
『プリズム』 貫井徳郎 (5)
  https://plaza.rakuten.co.jp/onisoto/diary/200305210000/
3行読書録
 プリズム(ネタバレ含む)
  http://toori-ame.hateblo.jp/entry/2017/05/29/234935
ema25の日記
プリズム / 貫井徳郎
  http://d.hatena.ne.jp/ema25/20100831/1283264682
@pdapew:q
【読書感想】プリズム ★★☆☆☆
  https://orcard.hatenablog.com/entry/2018/05/23/223324
★☆ みわゆ〜の読書記録 ☆★
 貫井徳郎 『プリズム』
  http://miwayu.jugem.jp/?eid=76
小金沢ライブラリー
 ミステリ感想−『プリズム』貫井徳郎
  https://blog.goo.ne.jp/koganezawa-l/e/1f4d6d45e9ef9b2b5c0fa3d1253f8411
通勤時間に読んだ本
 プリズム/貫井徳郎
 http://bullcat.cocolog-nifty.com/books/2010/01/post-f929.html

 
ブクログ
  https://booklog.jp/item/1/448842502X
  https://booklog.jp/item/1/440853367X
  https://booklog.jp/item/1/B007QS7VOC
読書メーター
  https://bookmeter.com/books/574946
  https://bookmeter.com/books/531583
本が好き!
  https://www.honzuki.jp/book/4119/
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
   少年少女・ネタバレ談話室
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   OLDIES 三丁目のブログ
   荒馬紹介のツイッター保管庫
   万年週末占い研究青年の覚え書き
posted by SF Kid at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵小説

2018年09月27日

辻真先『アリスの国の殺人』ネタバレ検討会


 装幀 高麗隆彦
 装画 辰巳四郎

  
続きを読む
タグ:辻真先
posted by SF Kid at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵小説