2018年04月28日

『ルパン三世 Green vs Red』ネタバレ検討会




■[映画]『ルパン三世 Green vs Red』で映画解釈法の勉強(ネタバレなし)
  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20180428/p1
の続きとなります。

 
続きを読む
posted by SF Kid at 20:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画

2018年04月25日

2018年03月24日

劇画・オバQ ネタバレ感想


藤子・F・不二雄短編集 全宇宙のサラリーマン達へ!―劇画・オバQ (My First Big)
 2004年2月27日 初版
 2014年7月16日 第2刷

  

   
 表紙に
「読者の熱烈ラブコールにこたえて……
 大感激!!アンコール発売!!」
と書かれています。
 7つの短編が収録。
 藤子Fさんといえばノスタルジックでほのぼのとした作風だろうと想像して読み始めたのですが、意外とブラックな作品が多かった。むしろこういう作風は藤子Aさんだと思っていた。
「全宇宙のサラリーマン達へ!」とありますが、サラリーマンが本書を読んだらかえって元気をなくしそう。
 藤子Fさんはサラリーマン生活にかなり悪いイメージを持っていたのでしょうか。

   
【休日のガンマン】
 開拓時代の西部を再現したテーマパーク・ウエスタンランドで休日を過ごすサラリーマン達を描く。
 設定自体は面白いのだが、描かれている物語は後味が悪い。折角の休日にお金を出して楽しみに来てもこんなことになったらやり切れない。
 設定そのままで別の物語を描き直してほしいものだ。

    
【やすらぎの館】
 子ども時代を再現して心を癒やすテーマパーク。本作も設定は素晴らしいのだが、描かれている事件は悲惨。こういうブラックな方向でなく、三丁目の夕日的なほのぼのとした作品を読みたかった。
 これも設定そのままで方向性を変えて描き直してほしいものだ。

   
【イヤなイヤなイヤな奴】
 確かにハッピーエンド?のどんでん返しだが、イヤな後味の作品。

   
【3万3千平米】
 一応ハッピーエンドだがよく分からない。

  
【殺され屋】
 星新一のショートショート風。

   
【求む!求める人】
 これこそが私がイメージしていた藤子Fさんの作風。

   
【劇画・オバQ】
 作品としては素晴らしい。良く出来ていると思います。
 ただ、ハカセが痛い。原作マンガは知らないけど、こんなキャラだったんですか?何だか自分も近い所があるので余計に痛みを感じます。

   
「そうか……
 正ちゃんに子どもがね……」
「と、いうことは……」
「正ちゃんはもう子どもじゃないってことだな……」

   
と呟いてQちゃんが去っていくラストページ、泣けてきます。
 私はうつ病になって時間が止まっている間に
 精神が子ども時代で止まったまま肉体だけが年をとっていきました。
 そして恋愛も結婚も幻に終わってしまったのです。

   
  [wikipedia:オバケのQ太郎]

 


  
ブクログ https://booklog.jp/item/1/4091081045
読書メーター https://bookmeter.com/books/124578
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
   少年少女・ネタバレ談話室
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   OLDIES 三丁目のブログ
   荒馬紹介のツイッター保管庫
   万年週末占い研究青年の覚え書き

posted by SF Kid at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 空想科学小説

2018年03月11日

光の帝国 恩田陸 ネタバレ感想



 かつて東北地方の山中に「常野」という一族が住んでいて、今でもその末裔が各地でひっそりと暮らしているという。その常野一族をめぐる連作短編集。
 そういった出自の人々の物語だから、当然物哀しく美しい感慨を抱かせます。
「手紙」は、常野地方出身であるエリート官僚の倉田篤彦が故郷の幼馴染達に常野伝説の調査を依頼し、その返信の手紙を並べたという形式。
 寺を継いだ寺崎恭治郎が常野調査に没頭したため、後半は寺崎の独壇場となります。
 常野にまつわる不思議なエピソードが色々と出てきますが、中でも印象的なのは、太平洋戦争中に山中で共同生活を送っていた常野の人達が謎の大爆発事故を起こし、軍部が緘口令を敷いたという事件。
 一体何があったのかと思っていたら、次の「光の帝国」でその事件が描かれていました。
 時代背景が戦争中ということもあり、哀しい悲劇的な物語でした。
(しかし爆発の原因は?私は信太郎が心中するのかと予想したのですが彼は衰弱死し、残った人たちも蜂の巣にされました。軍部が証拠隠滅のために爆弾を使うのは大げさ過ぎると思うのですが。)
 
 しかし、倉田篤彦はなぜ常野伝説を調べていたのでしょうか。
 柳田國男も官僚であって『遠野物語』を編纂しました。倉田さんも好奇心から常野伝説を調べていたのでしょうか。
 一方、戦争中には常野の人達の能力を軍事方面に利用しようとする勢力もいて、「光の帝国」ではそういった勢力による弾圧が描かれています。
 倉田さんも官僚だから、そういった勢力の末裔なんでしょうか。
(別の短編で息子を通してその後が描かれている。でもよく分からない。やはり個人的な好奇心だったのか?)
 
「オセロ・ゲーム」では、謎の怪物と戦う母と娘が登場します。
 この親子も常野の末裔なのでしょうか。そうすると、親子と戦っている怪物は常野の人々の敵ということになります。
 しかし、他の短編ではそのようなものは登場しません。
 その辺の設定はどうなっているのでしょうか。
 
 で、政治家になったりサポートされるヒロインが登場したり一族が集まったりして何かが起こりそうなところで終了。 
 ともかく、薄い短編集なのですが、その背景に大きな世界観を感じる物語世界が描かれていました。
 続編もあるようなので、読んでみたいと思います。
 
常野だより https://www.shueisha.co.jp/tokono/

常野物語
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B8%E9%87%8E%E7%89%A9%E8%AA%9E
恩田陸
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%A9%E7%94%B0%E9%99%B8

[wikipedia:ゼナ・ヘンダースン]
 ↑この方の「ピープル・シリーズ」を目標にされたそうです。

柳田國男
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E7%94%B0%E5%9C%8B%E7%94%B7
遠野物語
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A0%E9%87%8E%E7%89%A9%E8%AA%9E

しっくりと落ちてきた(只今休止中) 『光の帝国 −常野物語』 -恩田陸
  http://sikkuri.blog.so-net.ne.jp/2006-05-29
本を読む女。改訂版 # 「光の帝国−常野物語−」恩田陸
  http://blog.zare.boo.jp/?eid=215609
時々しか書けない本と映画の下手な感想文
光の帝国 常野物語(小説)
  http://batukanoko.blog.fc2.com/blog-entry-30.html
着物大陸 「光の帝国 常野物語」恩田陸 ネタバレ感想
  https://plaza.rakuten.co.jp/kimonotairiku/diary/200512050000/
感想ライブラリー 読書感想文「光の帝国―常野物語(恩田陸)」
  https://www.kanso-library.com/kanso/201704113481
そうだ、本を読もう  光の帝国―常野物語 | 恩田 陸
  https://chakibon.exblog.jp/13787418/
■■読書のススメ■■
恩田陸「光の帝国 常野物語」〜「しまった」書物が「響く」とき
  https://blogs.yahoo.co.jp/mepochzo/36092540.html

ドラマDモードシリーズ「光の帝国」
  http://www6.nhk.or.jp/drama/pastprog/detail.html?i=teikoku

ブクログ
  https://booklog.jp/item/1/4087472426
  https://booklog.jp/item/1/408774292X
読書メーター
  https://bookmeter.com/books/576273
  https://bookmeter.com/books/572599
本が好き!
  http://www.honzuki.jp/book/1581/
  http://www.honzuki.jp/book/204801/
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
   少年少女・ネタバレ談話室
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   OLDIES 三丁目のブログ
   荒馬紹介のツイッター保管庫
   万年週末占い研究青年の覚え書き
タグ:恩田陸
posted by SF Kid at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 空想科学小説