2021年02月20日

ブログ移動しました

 HPのドメイン変更に伴い、その付属ブログである当ブログもドメイン変更しました。
 旧ブログから記事をインポート・エクスポートしました。
 その間、手違いにより当ブログでの過去記事のアドレスが変わってしまい、旧記事間につけていたリンクが機能しなくなりました。
 そんな失敗もありましたが、今後は新ブログにて更新していきます。
 
少年少女・ネタバレ談話室(新)(ネタバレ注意!)
  http://sfklubo.sblo.jp/


   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
   少年少女・ネタバレ談話室
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   OLDIES 三丁目のブログ
   市井學人のツイッター保管庫
   万年週末占い研究青年の覚え書き
posted by SF Kid at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 空想科学小説

2020年01月21日

そして誰もいなくなった(映画版) 迷探偵ブロア 最後の事件



みるみる上達名作映画で英会話シリーズの中の1冊。
洋画で英語学習という教材は何種類か出ていますが、本格ミステリーは本作品だけでは?
付録のCDでは、「通常字幕」「全訳字幕」「英語字幕」「字幕なし」が選べます。「英語字幕」が意外と使えます。俳優が喋っている台詞が字幕に表示されるので、聞き取りの助けとなります。
。。。とこのシリーズでは、「英語字幕」が選択でき、全てのスクリプトが日本語対訳で掲載されているのが優れています。他社から類似のシリーズが出ていますが、このシリーズのほうが優れているでしょう。
ただ、続刊は出ていないようで、現在入手できる作品も限られています。
興味ある方は在庫が無くなる前に確保しよう!

作品について。
タイトルは誰でも知っている非常に著名な作品ですが、
なぜか私は40を過ぎる今まで、映画も原作も見たことありませんでした。
これは非常に惜しいことだったと後悔しています。
本作品は社会に出るまでに触れておきたい基礎的教養でしょう。

孤島に閉じ込められた10人。一人づつ殺害されていく!犯人はこの中にいる!
こういったシチュエーションに置かれると、普通は探偵が頼りにされるはずです。
本作品にも、元刑事で、今は探偵事務所を経営しているブロアさんが登場しています。
普通なら
「ブロアさんーー!」
と他の人に頼られてもいいはずなのですが、なぜかブロアさんは頼られていません。若僧のロンバートにも軽くあしらわれています。
誰が仕切っているかというと、押し出しの強いクインキャノン判事や、職業柄頼りになるアームストロング医師で、ブロアさんはビリヤードで楽しむ二人に使い走りさせられる始末。
ここでブロアさんが名探偵の本領を発揮して犯人を突き止めて解決していれば、ポアロやミス・マープルと並ぶ名探偵となっていたはずなのに。
もしこの10人の中に、エルキュール・ポアロやミス・マープルがいれば、どのような結末を迎えていたでしょうか。
 
ストーリーや展開は非常に素晴らしい名作映画だったのですが、トリックについてよく考えてみると、可能なんでしょうか?
真犯人がどうやって他の人に気付かれずに他の人を殺害し、インディアンの置物を壊していったのかという謎解きが不十分だったような気がします。
私に真犯人の代わりをしろ、と命じられたら、きっと実行中に見つかっていたでしょう。
だから探偵のブロアさんがもっと職業意識に目覚めて、犯行現場やインディアンの置物で犯人を現行犯逮捕していれば良かったのにと思います。
そしてブロアさんが死の直前に発したダイイングメッセージ「分かった!」
一体何が分かったのでしょうか。果たしてブロアさんが言いたかったことは?


  
そして誰もいなくなった ネタバレ感想
  http://sfclub.sblo.jp/article/182094959.html
『アクロイド殺害事件』ネタバレ感想
  http://sfclub.sblo.jp/article/180108622.html
謎のクィン氏 ネタバレ検討会
  http://sfclub.sblo.jp/article/185379363.html
冒険家クラブ/七つの時計 ミステリ・ベストセラーズ
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/2018/11/25/100414
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
   少年少女・ネタバレ談話室
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   OLDIES 三丁目のブログ
   荒馬紹介のツイッター保管庫
   万年週末占い研究青年の覚え書き
タグ:クリスティ
posted by SF Kid at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵小説

2018年12月15日

スズメバチ&黒つぐみ エルキュール・ポワロネタバレ検討会

『アガサ=クリスティ推理・探偵小説集1』について、別のブログで感想を書きました。

   
“ポワロ ハーレ・クィン パーカー・パイン アガサ=クリスティ推理・探偵小説集1 偕成社文庫”
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/2018/12/12/210124

  
 少し検討を要すると思われるトリックがあったので、こちらのネタバレブログにメモしておきます。

続きを読む
タグ:クリスティ
posted by SF Kid at 21:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 探偵小説