2013年11月30日

加納一朗『セブンの太陽』ネタバレ読書会

  18389358.jpg
     セブンの太陽 (少年少女21世紀のSF 7)
 



 


(あらすじ ネタばらし注意!)



 西暦2007年2月。
 アメリカのウイルソン天文台の大電波望遠鏡は、射手座の方角から発信される、不思議な電波をキャッチした。
 地球政府のもとにある惑星省の宇宙船が調査に向かうが、消息を絶つ。
 自動操縦で戻ってきた宇宙船の中からは、乗員が消えていた!
 惑星省は、本格的な調査団の派遣を決定。
 高岡司令の息子・明も、太陽系パトロール隊見習いとして参加。ベータBかえで号に乗船する。
   
 調査団が目的地に到着すると、ガス状電子生命ギズモスが待ち構えていた!
 ギズモスとの激しい戦闘の結果、惑星を改造した核融合爆弾で勝利を得たのもつかの間、
空間のゆがみに巻き込まれ、28もの惑星を持つ新たな太陽系に放り込まれてしまった! 
 この未知の太陽系においても、彼らに試練が待ち構えているのであった……。
続きを読む
posted by SF Kid at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 少年少女21世紀のSF