2016年04月13日

グランド・ホテル ネタバレ感想会

グランド・ホテル [DVD]グランド・ホテル [DVD]

ファーストトレーディング 2011-02-14
売り上げランキング : 24220

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 
 以前「グランドホテル方式」というのを知って、この形式の映画をできるだけ多く見ようと思ったわけです。
 それで、まずはネーミングの由来の元祖を見なくては、ということで見てみました。

 
 場面の転換時に電話交換手のシーンが出てきます。
 レトロ趣味の私の食いつき所です。
 昔は電話交換手がいたということは知っていましたが、電話局だけではなく、ホテルにも交換手がいたのでしょうか。知識としては知っていても、実際の運用については分からないものですねえ。

 
 性格良さそうな人が実は泥棒だったとは、怪盗ルパンやルパン三世みたいです。でもルパンなら簡単に死なないか。

 
 映画の冒頭と最後で、オッテルンシュラーク医師(ルイス・ストーン)がナレーションのような台詞を言います。
 この方こそ、主役の多いこの映画における正真正銘の“脇役”です。一体どのような事情でグランド・ホテルに宿泊しているのでしょうか。

   
 丁度ミュージカル「グランドホテル」が上映中とのことですが、ハッピーエンド版とアンチハッピーエンド版の2種類あるそうです。

     
中川晃教が「グランドホテル」公開稽古で動揺「そんな結末の違いが」 - ステージナタリー
  http://natalie.mu/stage/news/178928

   
 そもそもこの映画、
「こんな終わり方するんかい!」
と呆気ない終わり方です。
 ガイゲルン男爵(ジョン・バリモア)を瞬殺したプライジング(ウォーレス・ビアリー)が病人のお年寄りであるクリンゲライン(ライオネル・バリモア)のなすがままになるはずないですね。
 どうせ一人殺したのならもう一人と瞬殺し、後は部下を使ってアリバイ工作。
 その後はミステリー展開となりそうだと思いました。
 そんなわけで、ミュージカル版の2種類の結末がどうなってるのか、興味あるところです。

 
(追記)
クリンゲライン役のライオネル・バリモアとガイゲルン男爵役のジョン・バリモアは兄弟共演のようですね。

 
  [wikipedia:ライオネル・バリモア]  [wikipedia:ジョン・バリモア]

 
中川晃教&成河らが出演 ミュージカル『グランドホテル』が16年春に上演 - 2015年11月
- 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
  http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2015/11/16_03.php

 
  [wikipedia:グランド・ホテル (映画)]
  [wikipedia:グランドホテル方式]
  [wikipedia:グランドホテル (ミュージカル)]
  [wikipedia:グランドホテル (宝塚歌劇)]

 
坂和章平による映画の採点と評論 「グランド・ホテル」  
  http://www.sakawa-lawoffice.gr.jp/sub5-2-b-07-226grandhotel.htm
淀川名画撰集 - グランド・ホテル
  http://www.ivc-tokyo.co.jp/yodogawa/title/yodo2101.html
  ↑私が見た版と一部違う部分があるのですが、複数のバージョンがあるのですか?
ミュージカル『グランドホテル』 http://musical-grandhotel.com/

 
  [wikipedia:グランド・ブダペスト・ホテル]

 
グランド・ホテル 特別版 [DVD]グランド・ホテル 特別版 [DVD]
ヴィッキー・バウム

或る夜の出来事 [DVD] グランド・ブダペスト・ホテル [DVD] スミス都へ行く [DVD] ニノチカ [DVD] マタ・ハリ [DVD]

by G-Tools


 
OLDIES 三丁目のブログ
■[映画]THE 有頂天ホテル “怒りのツボ”にはまった
  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20160227/p1
■[映画]幸せになるためのイタリア語講座(感想のみ。ネタバレ注意!)
  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150922/p1
■[映画]ラブ・アクチュアリー 見果てぬ世界
  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20151207/p1

 
ブクログ
  http://booklog.jp/item/1/B004NORUIE
  http://booklog.jp/item/1/B0002B54A8
  http://booklog.jp/item/1/B000LZ6DVO

 
 ☆SF Kidの本棚
   http://www.g-tools.net/17/26612/index.html
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
   少年少女・ネタバレ談話室
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   OLDIES 三丁目のブログ
   ありゃま商会 の回覧板
   万年週末占い研究青年の覚え書き
posted by SF Kid at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174885219

この記事へのトラックバック