2016年04月29日

『ディアトロフ・インシデント』のネタバレに驚愕!!拙者、まだまだ未熟者で……

ディアトロフ・インシデント [DVD]ディアトロフ・インシデント [DVD]


by G-Tools


 
 映画「ディアトロフ・インシデント」について感想を書いた後、

     
SF KidなWeblog
「11人いた」!ディアトロフ・インシデント 廃墟とクリーチャー
  http://sfkid.seesaa.net/article/437341292.html

   
他の方の感想をネットで検索すると、思いもしなかった解釈を書かれた方がいらして、脱帽。

 
WATCH THE SKY
ディアトロフ・インシデント ネタバレ感想
  http://angelique-collet.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-10d8.html
映画参道 ディアトロフ・インシデント
  http://sm324.blog129.fc2.com/blog-entry-443.html 

   
 映画の終盤、放棄された廃研究所内で主人公の2人組は、2体の不気味なクリーチャーに襲われます。
 私は、こいつらは、マッドサイエンティスト達が創り出した生物兵器で、研究所の秘密を守るために飼われている番犬のようなものだと思ったのです。
 ところがこのレビューを読んで、実は彼らの正体は〜〜〜だったんだよ!!と教えられました。
 な……、なんだって〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

   
 ここに気付けるかどうかで、この映画の見方が大きく違ってくるでしょう。
 確かに、死体が生前と大いに変化して、2人を襲ったクリーチャーに似ているのは変だとは思いました。同類なのかとは思いましたが、まさかクリーチャーの正体そのものだったとは!
 そもそも、死体がまだ生きていたとは想定外でした。生きていたなら抵抗するはずと思ったので。
 最後、死体が動いたように見えたのは、単に演出上の効果を狙ったものかと思ったのです。
 それにクリーチャーはJPを殺したり2人を襲ってきたのだから、明らかに敵だと思い込んでいました。

    
 映画を楽しむには、語られていない部分を自らの想像と思考で補うことが必要だと実感した次第。

     
 検索すると、この映画、あまり評価が高くないようです。
 特にヤフー映画の評価は散々です。
 私は陰謀論も超常現象も本気で信じているので、これらの要素満載の胡散臭い本作は気に入りました。
 しかしホラーや怖いのが苦手なので、本気で怖くなりました。
 何で私はこの映画に過敏に反応するのでしょうか。
 私も将来、国家機密に触れて不気味なクリーチャーに変化してしまうのでしょうか?
 この映画を見てから、暗闇が怖くなりました。
 暗闇から不気味なクリーチャーが出て来ないかと、本気で恐れています。

   
WATCH THE SKY ディアトロフ・インシデント ネタバレ感想
  http://angelique-collet.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-10d8.html
映画参道 ディアトロフ・インシデント
  http://sm324.blog129.fc2.com/blog-entry-443.html 

 
映画「ディアトロフ・インシデント」感想 蒼の感想ブログ
  http://phosphor.sakura.ne.jp/hifilife/movie/766/
忘れやすい日々のための映画ブログ
どこで損切りするか/『ディアトロフ・インシデント』
  http://stk1985.hatenadiary.jp/entry/2015/02/26/231611
つぶらいん
【映画】ディアトロフ・インシデント/ロシアの雪山で起きた悲劇の真相は……?
  http://tsubuline.com/2015/03/28/yukiyama/
映画でもどうどす? ディアトロフ・インシデント(ネタバレ)
  http://ameblo.jp/makomako-63/entry-11821675575.html
レニー・ハーリン ディアトロフ・インシデント 
  http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1389743533/


OLDIES 三丁目のブログ
■[名作文学]灰猫ホームズの推理競争 「吾輩は猫である」殺人事件
  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150617/p1
■[日々の冒険]しあわせの書 読者に挑戦!の本(ネタばらし注意!)
  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20140110/p1
■[日々の冒険]イニシエーション・ラブ 分からなかった
  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20140224/p1

 
 ☆SF Kidの本棚……睡眠開発BOOKS!
   http://www.g-tools.net/17/26612/index.html

   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
   少年少女・ネタバレ談話室
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   OLDIES 三丁目のブログ
   荒馬紹介のツイッター保管庫
   万年週末占い研究青年の覚え書き
posted by SF Kid at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175090917

この記事へのトラックバック