2017年10月12日

ディクスン・カー 二つの腕輪(死者はよみがえる) ネタバレ検討会


   ★魔女のかくれ家・二つの腕輪 (昭和39年) (少年少女世界推理文学全集〈6〉)


 今回読んだのはあかね書房の少年少女世界推理文学全集版です。もはや完訳版で読むのは不可能ということで、少年少女向け翻訳で一通り有名作品を広く浅く読んでいこうという作戦です。
 検索すると、原題は To Wake the Dead 『死者はよみがえる(死人を起こす)』。
「反則すれすれ」という指摘も多い作品。こんな作品を子ども向けに紹介するのは難易度高いのでは?もっと評価の高い作品を紹介するべき。とはいえ、江戸川乱歩や横溝正史は高く評価しているようです。
 私としてはトリックそのものは異議なしなんですが、周辺事項で少々疑問が。本筋でない枝葉末節にこだわってすみません。こんな些細なところが気になるのです。
  
(ここが変だよ!その1)
 クリス・ケントがホテルの部屋で死体を見て逃亡してフェル博士を訪れると、既にフェル博士やハドリ警視は事件のことを知っていた。
 こんなこと、あり得るのでしょうか。時間的にどうなんでしょうか。
 その辺、キツネにつままれた印象。
 ホテルを出てから割とすぐフェル博士邸に直行したというイメージなんですが、原作では辿り着くまでに時間がかかっているのでしょうか。
 
(ここが変だよ!その2)
 707号室の先客が偶然、本作品のキーアイテムである腕輪と似た腕輪をホテルの箪笥の引き出しに忘れたという奇妙な偶然の一致。
 こんな偶然があるのでしょうか。
 その辺、騙されたような気分です。
  
(ここが変だよ!その3)
 殺されたジェニーも殺したべロウズも、なぜそこまで腕輪にこだわったのかよく分からない。そんなに価値ある腕輪なんでしょうか。
 殺されたジェニーにしてみたら、自分が騙した元旦那からもらった腕輪。騙した記念に大切に持っていたのでしょうか。嫌な思い出として売り払うという選択も考えられますが。
 元旦那・べロウズもなぜそこまで腕輪にこだわるのか。こだわるのは分かるとして、なぜ元妻が今でも腕輪を持っていて旅行にまで持ってきてホテルのタンスの中に保管していると知っていたのか。
 そしてジェニーは今までしていなかった腕輪をなぜ付ける気になったのか。
 そこら辺、完訳版では説明されているのでしょうか。

(ここが変だよ!その4)
 秘密の通路というのは面白い趣向ですが、留置所にまであって、それが今まで分からなかったというのはちょっとおかしい。一体どんな仕組みなんでしょうか。文字情報だけの小説にしか成り立たないトリックのようです。もし映像(映画やドラマ)化するとしたら、この仕掛けをどう表現するか見てみたい。

(ここが変だよ!その5と6)
 警官の制服とホテルの制服は見間違えるほどそんなに似ているのでしょうか。
 最後、墓地での見張りでクリスが犯人に襲われた時、親指を怪我します。(まさか足の親指ではないでしょう)(右か左かは本翻訳では不明)犯人は頭を狙ったのでしょうが、それて手の親指に当たったという。
 一体、どんな物理的動きのために手の親指が怪我するに至ったのでしょうか。


探偵小説三昧
 ジョン・ディクスン・カー『死者はよみがえる』(創元推理文庫)
  http://chapcolo.blog97.fc2.com/blog-entry-810.html
odd_hatchの読書ノート
 ジョン・ディクスン・カー「死者はよみがえる」(創元推理文庫)
  http://d.hatena.ne.jp/odd_hatch/20140918/1410997223
spin out 死者はよみがえる
  http://blog.goo.ne.jp/adpro_2006/e/f97f67b96290cf91f434019bbb908e88
no mystery, no life(本と映画と)
 ディクスン・カー:死者はよみがえる
  https://ameblo.jp/mystery-love-mystery/entry-10657078955.html

黄金の羊毛亭 ネタバレ感想 死者はよみがえる
  http://www5a.biglobe.ne.jp/~sakatam/carr/gf/wake.html
The Road Site Mystery Collection
 死者はよみがえる
  http://roadsite.road.jp/mystery/jdc/carr16.html
ミステリの祭典 死者はよみがえる
  http://saiten.dip.jp/mystery/main/list_review/1542

少年少女・ネタバレ談話室(ネタばらし注意!)
 ディクスン・カー 魔女の隠れ家 ネタバレ感想
  http://sfclub.sblo.jp/article/181246598.html
 皇帝の嗅煙草入れ 吉田映子 旺文社文庫(ネタバレ)
  http://sfclub.sblo.jp/article/179920135.html

■[名作文学]X線カメラのなぞ レスター・リースシリーズ
  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20170907/p1
■[名作文学]マルタの鷹  少年少女世界推理文学全集
  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20170910/p1

ブクログ
 http://booklog.jp/item/1/B000JBPPF0
 
 http://booklog.jp/item/1/4488118089
 http://booklog.jp/item/1/4150001278
読書メーター
 https://bookmeter.com/books/581937
 
 https://bookmeter.com/books/363017
 https://bookmeter.com/books/622376
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
   少年少女・ネタバレ談話室
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   OLDIES 三丁目のブログ
   荒馬紹介のツイッター保管庫
   万年週末占い研究青年の覚え書き
タグ:カー
posted by SF Kid at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵小説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181259301

この記事へのトラックバック