2017年10月28日

エジプト十字架の秘密・十四のピストルのなぞ (少年少女世界推理文学全集) ネタバレ感想




【十四のピストルのなぞ】
  
 同時収録の「エジプト十字架の秘密」よりもページ数が少ないのですが、私としてはこちらの方が面白かった。
 なお、このタイトルは本バージョンオリジナルであって、完訳版では『靴に棲む老婆』『生者と死者と』というタイトルで出ているようです。
 舞台となるポッツ家の家族構成や屋敷の構造が面白い。さらにマザーグースの見立て殺人でもあります。映像化すればどんな風に描かれるのでしょうか。
 最後、「衝撃の真相!」の連続で、お見事です。
 ただ、よく分からなかったのは、発見されたピストルを餌にしてクイーン探偵が犯人におとりをかける場面。
 なぜ犯人はピストルをわざわざ取りに来たのでしょうか。そんな危険を冒すよりそのまま知らん顔して放置しておいた方が安全だと思うのですが。そこら辺、完訳版では説明があるのでしょうか。
 さらにおとりにかかった犯人が捕まる直前、真犯人の黒幕に対して何か言及する可能性もあると思うのですが。そこで真犯人が分かっていれば一気に解決のはずです。この辺も完訳版では説明があるのでしょうか。
  
 エラリー探偵が敷き写しのトリックを見破るのが決め手ですが、これはその時まで読者には分かりませんな。だから本作品には読者への挑戦状はありません。
(しかしどちらが原本でどちらが写しかなんて、最初に気付くべきでは?裏側も見るでしょうに。最初の見逃しはエラリー探偵の失策では?)
 真犯人は意外な人物。
 まあマトモな副社長のロバートとマックリンを殺したのは確かに悪いのですが、私は真犯人に同情します。
 第二の真相のままだったとしたらハッピーエンドで終わっていたのに。
 第三の意外な真相が判明したおかげで、少々後味が悪くなりました。
 私が推理小説を読んで残念なことは、犯人に同情したくなることがあるケースです。
 物語の中だけは勧善懲悪でハッピーエンドに浸りたいものです。

 
【エジプト十字架の秘密】
 
「読者のみなさんへ
   たたかいをいどみます
犯人は、だれでしょう?」
 
 当然、私に分かるはずなかった。
 犯人の思考と行動があまりにも異常すぎます。単純過ぎる私には到底思いもよらない真相です。
 まあ「犯人はーー」というパターンですね。普通は思いもよらないパターンです。
 そういえば2017年3月にそのパターンの古典的名作を読んでいました。(ネタバレ注意!)
   http://booklog.jp/users/diletanto?tag=%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC&display=front

 このようにミステリーの知識を増やしていけば、トリックを見破る可能性が高くなっていくはずだ。
 しかしその考え方でいくと、ミステリーも時代が下がるごとに描かれたトリックやパターンのネタが増えていきます。
 ネタ切れにはならないのでしょうか。
 しかしそんな心配はよそに、次々と「衝撃の真相!」と銘打ったミステリーが生まれていっています。
「衝撃の展開!」のミステリーが生み出されている限り、人間の能力を人工知能が超えるという技術的特異点(シンギュラリティ)の心配はなさそうです。
 というより、私はミステリーの種切れを心配するより前に、まず基本的なミステリーを読んで基礎的知識を充実させないといけない。
  
 以上、本巻の翻訳は亀山龍樹さん。なかなかこなれた読みやすい文体だと思いました。
 挿絵は横尾忠則さん。洒落た感じで、クイーンの作品世界にマッチしていると思います。

20171028141818.jpg

 
  [wikipedia:エラリー・クイーン]
  [wikipedia:エラリー・クイーン (架空の探偵)]
  [wikipedia:エジプト十字架の謎]
  [wikipedia:亀山龍樹]

 


no mystery, no life(本と映画と) エラリークイーン:生者と死者と
  https://ameblo.jp/mystery-love-mystery/entry-10390630496.html
推理小説のお時間 エラリー・クイーン No.22◇生者と死者と◇
  https://ameblo.jp/bookcafe-cosmos/entry-12079238104.html
エラリイ・クイーンの書評 生者と死者と
  http://itamomo.la.coocan.jp/shoes.htm
  
odd_hatchの読書ノート
 エラリー・クイーン「靴に棲む老婆」(創元推理文庫)
  http://d.hatena.ne.jp/odd_hatch/20150424/1429826349
ミステリの祭典 靴に棲む老婆
  http://saiten.dip.jp/mystery/main/list_review/1452
Mystery Collection 靴に棲む老婆
  http://roadsite.road.jp/mystery/eq/queen16.html
  
カンガルーは荒野を夢見る
「エジプト十字架の秘密」(ハヤカワ・ミステリ文庫)ネタバレ解読
  http://elleryqueen.seesaa.net/article/115091017.html
放課後の・・・  エジプト十字架の秘密
  http://smile1731.blog.shinobi.jp/%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC/%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%88%E5%8D%81%E5%AD%97%E6%9E%B6%E3%81%AE%E7%A7%98%E5%AF%86
ミステリー批評部屋
【エラリー・クイーン】エジプト十字架の謎 レビュー/感想
  http://yossymystery.seesaa.net/article/445893914.html

少年少女・ネタバレ談話室(ネタばらし注意!)
 ディクスン・カー 魔女の隠れ家 ネタバレ感想
  http://sfclub.sblo.jp/article/181246598.html
 ディクスン・カー 二つの腕輪(死者はよみがえる) ネタバレ検討会
  http://sfclub.sblo.jp/article/181259301.html
  
■[名作文学]X線カメラのなぞ レスター・リースシリーズ
  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20170907/p1
■[名作文学]マルタの鷹  少年少女世界推理文学全集
  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20170910/p1

ブクログ
  http://booklog.jp/item/1/4251080483
読書メーター
  https://bookmeter.com/books/5218045
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
   少年少女・ネタバレ談話室
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   OLDIES 三丁目のブログ
   荒馬紹介のツイッター保管庫
   万年週末占い研究青年の覚え書き

タグ:クイーン
posted by SF Kid at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵小説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181417176

この記事へのトラックバック