2017年10月24日

SF巨大生物の島 ネタバレ感想



 先日、ヴェルヌ『神秘の島』を読みました。

少年少女・ネタバレ談話室(ネタばらし注意!)
ヴェルヌ『神秘の島』ネタバレ感想会
  http://sfclub.sblo.jp/article/181119351.html

 この作品は何度か映像化されているということで、その中の1本である本作品を見たわけです。
 サイラス、スピレット、ナブ、ペンクロフト、ハーバートといった懐かしの面々が映像化されて動いて新たな冒険をしています。微妙に設定が違っていて映画化作品によくあるようにパラレルワールドの世界です。しかし、膨大な原作にあるモチーフがうまく取り入れられ、生かされていました。まあスピーディで密度の濃い作品。

続きを読む
タグ:ヴェルヌ
posted by SF Kid at 06:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画

2017年02月07日

怪人カリガリ博士 ネタバレ感想会

B01D17ECL6怪人カリガリ博士 [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2016-06-03

by G-Tools


続きを読む
posted by SF Kid at 20:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画

2016年07月24日

笑の大学 映画版 取り調べは土日もやっていた?

B0001M3XGU笑の大学 スペシャル・エディション [DVD]
三谷幸喜
東宝 2005-05-27

by G-Tools


 
 喜劇脚本に冷淡だった向坂睦男(役所広司)が喜劇の面白さに目覚め、協力的になっていく過程がハートウォーミング。
 二人の協力により脚本が完成し、めでたしめでたし……で終われば月並みです。
 油断した椿一(稲垣吾郎)が本音を打ち明けると、向坂睦男(役所広司)が硬化!国家権力の恐ろしさを描きます。
 さらに、椿一に召集令状(赤紙)が来たことで、向坂の心境にまた一つ変化が起こります。
 作劇術(ドラマトゥルギー)のお手本のような作品です。
続きを読む
タグ:三谷幸喜
posted by SF Kid at 19:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画

2016年07月13日