2015年01月08日

しゃべくり探偵 黒崎緑 第2話トリックの検討

 このブログ、1年近く放置していたんですね。
 SFクラブHPの更新もしばらくやってないし。
 今後はもう少し更新頻度を上げていくつもりです。
 ということで、この本のネタバレ検討会。

 

続きを読む
posted by SF Kid at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵小説

2014年02月07日

贋作『坊っちゃん』殺人事件 の暗澹

4043829051贋作『坊っちゃん』殺人事件 (角川文庫)
柳 広司
角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-11-25

by G-Tools



(あらすじ:ネタバレ注意!)
 坊っちゃんと山嵐が赤シャツと野だいこに天誅を加えて東京に戻ってから3年後。
 人混みの喧騒の中で坊っちゃんは山嵐と再会する。
 彼らが赤シャツらを殴って松山を出た次の日、赤シャツはターナー島で首吊り自殺をしていたという。
 不審に思った彼らは松山に飛び、調査を開始するが。。。

  
(以下、ネタバレ注意!)
続きを読む
posted by SF Kid at 21:03| Comment(0) | TrackBack(4) | 探偵小説

2013年12月09日

『名探偵登場』ネタバレ感想会

 たまったビデオを整理しようと思って調べたら、ずっと前に深夜の映画劇場で放送されたのを録画してありました。
 配役も豪華ですが、日本語吹き替え声優陣も豪華で賑やかです。
 日本語吹き替え版待望論が大きいのもむべなるかな。
 これは永久保存版ですな。
 翌日放送された続編も録画していました。
 これは「マルタの鷹」と「カサブランカ」を見て(読んで)から見ようかな。

B009NPA0WG名探偵登場 [トルーマン・カポーティ/ピーター・フォーク/アレック・ギネス] [レンタル落ち]
2009-01-01

by G-Tools


B009NPA19I名探偵再登場 [ピーター・フォーク] [字幕] [レンタル落ち]
2009-01-01

by G-Tools




(以下、ネタバラシ注意!)
     
続きを読む
posted by SF Kid at 21:18| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画

2013年11月30日

加納一朗『セブンの太陽』ネタバレ読書会

  18389358.jpg
     セブンの太陽 (少年少女21世紀のSF 7)
 



 


(あらすじ ネタばらし注意!)



 西暦2007年2月。
 アメリカのウイルソン天文台の大電波望遠鏡は、射手座の方角から発信される、不思議な電波をキャッチした。
 地球政府のもとにある惑星省の宇宙船が調査に向かうが、消息を絶つ。
 自動操縦で戻ってきた宇宙船の中からは、乗員が消えていた!
 惑星省は、本格的な調査団の派遣を決定。
 高岡司令の息子・明も、太陽系パトロール隊見習いとして参加。ベータBかえで号に乗船する。
   
 調査団が目的地に到着すると、ガス状電子生命ギズモスが待ち構えていた!
 ギズモスとの激しい戦闘の結果、惑星を改造した核融合爆弾で勝利を得たのもつかの間、
空間のゆがみに巻き込まれ、28もの惑星を持つ新たな太陽系に放り込まれてしまった! 
 この未知の太陽系においても、彼らに試練が待ち構えているのであった……。
続きを読む
posted by SF Kid at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 少年少女21世紀のSF

2013年10月02日

ドラマ金田一耕助VS明智小五郎 ここがヘンだよ

明智小五郎対金田一耕助 (創元推理文庫)明智小五郎対金田一耕助 (創元推理文庫)
芦辺 拓

東京創元社 2007-01-30
売り上げランキング : 314831

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

      
 新聞のTV紹介欄で紹介されていたので知り、滅多にドラマなんか見ない私が録画して見てしまいました。
 金田一耕助と明智小五郎が対決するとはどうなるかと興味が湧いたからです。
 企画とか設定とかは非常に重要ですね。
 これがオリジナルの探偵二人というのでは多分見なかったでしょう。
 さらに、オリジナルの金田一耕助や明智小五郎が一人だけ登場しても見なかったと思います。
 送り手側の意図にまんまと乗せられています。
 まあ、こういった特別感あふれる企画に弱いミーハー視聴者なわけであります。

   
 見た感想は、おおむね楽しかったです。レトロな雰囲気も良かった。
 ただ、よく考えるとおかしなところも多かった。
 私は嫌な性格で、物語のあらが気になってしまうのです。
 いわゆる、作品にケチをつけるというか、突っ込みを入れるというか。
 しかし、それを含めて作品を楽しんでいるわけです。


 作品にケチをつけるのは、作品があってこそ。まず作品があって初めてできる行為であります。
 作品を創るのが一番偉く、それを批評するのは二次的行為・従属的行為であります。
 創作者がいなくなって批評家ばかりになれば大変なことになります。
 原作者やドラマ製作者が一番偉いと尊敬した上で、こんな気になる部分がありますよ、と幾つかの点を指摘させて頂きます。
 繰り返しますが、作品をけなしているのではなく、こういった突っ込みを含めて作品を楽しんでいるわけですから。

  
 以下、ネタばらしとなります。


続きを読む
posted by SF Kid at 21:15| Comment(0) | TrackBack(3) | 探偵小説